肌の弱い人向け

脱毛器

肌がデリケートでも施術可能

肌が弱いことを理由に、医療レーザー脱毛を諦めてしまっている人もいるかも知れません。しかし、諦めるにはまだ早く、肌が弱ければ弱い人向けのサービスを利用することができます。その一つに、オーダーメイドの脱毛があります。医療レーザーを用いる場合、何かと高出力のレーザーばかりが取り沙汰されていますが、実は、レーザーというのは出力を上げることも可能であれば、出力を弱めるということもできないわけではありません。特に、肌が弱い人だと出力の高いレーザーはダメージを受けやすいです。もちろん、脱毛クリニックでは最新の注意を払って施術を行っているため、ダメージを受けてしまうことはまれです。それというのも、レーザーを調節して施術を受けることが可能であるからです。ただし、注意しなければならないことは、レーザーの出力を弱めるとそれだけ脱毛の効果も低下してしまいます。レーザーのメカニズムによって毛根に含まれる成長を促す細胞が破壊される様になっています。しかし、レーザーの出力が弱くなると、その効果が低下するため、自ずと施術にかかる時間は長くなり、期間も要することになります。医療レーザー脱毛の場合、回数制限がある契約がほとんどであるため、肌が弱いことを理由に出力を下げる必要がある場合には、担当の医師とよく相談した上で出力を変更することを考慮するようにすることです。しかし、肌が弱い場合には、無理をして高出力のレーザー施術を受ける必要はないです。